専門学校穴吹福祉医療カレッジ

次回のオープンキャンパス

子ども一人ひとりの幸せを
思いやりの心でサポートできる人材を養成。

生まれてから小学校就学前までの重要な時期に「子どもの幸せ」を考慮しながら、子どもの心身の健全な発達をサポートする保育士・幼稚園教諭をめざします。さらに、3年制のこども未来福祉学科では、子どもだけでなく、保護者に対しての子育て支援に関する理論や方法、実践力を身につけることで保育現場での即戦力となる人材を育成します。公立保育所・幼稚園への就職希望者には公務員学科との連携により公務員試験対策を実施します。

学びのポイント


  • 乳児保育
    3歳未満児について、保育の内容、保育の実践の方法を学習し、知識と技能の基礎を身につけ、保育することができる力を養います。

  • 子育て支援演習
    保護者の子育てにおけるニーズを捉えながら、保護者とともに子育てを行なうために必要な知識や技能、心を養います。

  • 子ども発達支援
    子ども一人ひとりの発達をしっかりと捉える目を養いながら、生活や遊びを通して総合的に保育を行なう力を身につけます。

保育者としての考え方や行動力を、
活発なイベントからも学びます。

「おぎゃっと21(アスティとくしま)」での劇やダンスの上演、保育園の子どもたちを招いての学内イベント、保育福祉まつりなど、学内外を問わず様々なイベントへの参加や、企画を行っています。それらの活動を通して運営力、コミュニケーション力が培われます。

めざす資格・めざす未来

めざす資格
  • 専門士
  • 保育士[国家資格]
  • 幼稚園教諭2種[国家資格]
  • 社会福祉主事任用資格
  • 食生活アドバイザー
  • 短期大学士(近畿大学九州短期大学通信教育部)
  • 介護職員初任者研修
めざす未来
  • 保育士
  • 幼稚園教諭
  • 児童指導員
  • 社会福祉主事

カリキュラム

  • 教育相談
  • 児童文化
  • 子ども発達支援
  • ピアノU
  • 家庭支援論
  • 図画工作U
  • 実習指導U
  • 障害児保育
  • 児童家庭福祉
  • 日本国憲法
  • 子どもの食と栄養
  • 総合演習U
  • 健康科学
  • 子育て支援演習

卒業生からのメッセージ


社会福祉法人 みずほ会
みのり保育園
保育士
野 麻理子さん

在学中に先生からいただいた言葉に今でも勇気をもらっています。

現在は5歳児クラスの担任をしています。就学に向けて必要な生活習慣が身につくように保育を考えたり、季節ならではの行事や遊びを取り入れて興味がもてるように工夫しています。同じ年齢の子どもたちですが、月齢による発達の違いや個性があるため、できることとできないことがあります。そこをどう援助すれば同じことができるのかが悩むところでもあるので、一人ひとりをよく見ることに特に気をつけています。在学中に実習でつまづき悩んでいるとき「普段お母さんがしているようなことをしたらいい」と言ってくださった先生の言葉に救われました。今でも悩んだときはこの言葉を思い出して、勇気をもらっています。もともと人見知りで話をするのが苦手だった私ですが、仕事に就いてからは誰とでも笑顔で話をすることができるようになりました。保育士という仕事は子どもからも笑顔をもらえ、自分が笑顔になれる、とてもステキな仕事です。ぜひみなさんも私たちと一緒に働きましょう!



徳島赤十字
ひのみね総合療育センター
保育士
井上 陽水さん

利用児童と心が通じあえた瞬間は、
すごくうれしいです。

現在、発達障がいのお子さんを対象とした通所支援を行う部署で、私は小学生の放課後等にデイサービスを担当しています。主に、集団での遊びを計画し、子ども同士やスタッフとのやり取りを通して自分の気持ちを上手に表現できるようお手伝いをしています。
人とのコミュニケーションに不安を抱えている子どもには、「あなたを受け入れていますよ」「しゃべってもいいところなんだよ」とわかってもらえるように行動するなど、一人ひとりの個性に合った支援を行っています。クッキング活動で、前回友達とうまく言葉のやりとりが出来ずにいた子どもが今回は「ありがとう」と言ってくれたり、私の食器を準備して、たこ焼きを焼いてくれた時には胸が熱くなりました。「この子なりに一生懸命に考えてくれたんだ」と思ったらもっと頑張ろうと思いました。

ページTOPへ